ZEHへの取り組み

ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組みを始めました。

まず、ZEHとは1年間に消費する住宅のエネルギーが正味(ネット)ゼロとなる住宅を指します。 ZEHは究極の省エネ住宅と呼べるかもしれません。

また住宅のZEH化(ゼロ・エネルギー・ハウスを建築する)を目指すことは、2014年4月に閣議決定した「エネルギーの基本計画」の目標でもあり、国の政策目標です。
また、これを受けて経済産業省は2016年4月にZEH支援事業としてZEHビルダー登録とZEHビルダーへの補助金事業を公表しました。

省エネ・エコ住宅に取り組んでいる当社としては、令和3年にZEHビルダー登録を行い、2025年度に向けてZEH住宅(ZEH・NearlyZEH)普及率50%以上を目指します。

住宅の仕様はどうなるのか?

考え方の基本は、建物の断熱性(外皮性能と呼びます)を上げて、給湯や暖房・冷房等で消費するエネルギー(1次エネルギー消費量と呼びます)を極力少なくして太陽光による発電量を抑える(屋根にパネルを設置する為面積の制約が有る)様な仕様にしてゆく事です。

この為には断熱材や窓の断熱性アップに加えて、高効率設備機器(エコキュート、高効率エアコン等)の導入やLED照明、HEMS(エネルギー利用状況を見える化する機器)の設置が必要となります。
また、エネルギーを創り出すための太陽光発電の設備は必須となります。

ZEHの受託目標

下記の目標値の通り、2025年度までにZEH受託率(ZEH+Nearly ZEHの合計)50%以上を目指します。
 
令和2年度(2020年度) 施工実績=0棟( 0%)
令和3年度(2021年度) 施工実績=1棟(10%)