スタッフブログ|木造注文住宅 茨城県水戸市・桜川市・つくば市 丸和建設株式会社

水戸・桜川 丸和建設の家づくりの考え「無垢材と自然素材」健康性と安全性、そして穏やかな質感が心を癒す。高品質の部材。

水戸、桜川、つくばの木造注文住宅 丸和建設株式会社 カテゴリー別記事

丸和建設株式会社 カテゴリー [ スタッフブログ]の記事

新しい発見!陰陽とは?!
2017年10月17日
新しい発見!陰陽とは?!
こんばんわ((*pq'v`*))設計部コーディネーターの酒寄です。 ここのところ、急に冷え込んで参りましたね彡(-_-;)彡ヒュー皆様、お風邪などひいてはおられませんか? この時期、悩むのが 体の冷えですよね。 手足の先が冷える"末端冷え症"というのがあります。 その名の通り、末端部分に血液が回らずに冷えていくようです。また、クーラーのきいた部屋に居すぎたり、寒い時期に薄着でいることで末端冷え症になることも十分にあります。 私の冷え方もこの症状とほぼ一緒です。。 そのため、どこへいくにもフリースの毛布が手放せません。毎回持ち歩くのが大変なので、 会社に1枚。車に1枚。リビングに2枚。(1枚はワンちゃん用にw)←毛を短くし過ぎましたwごめん!そして自分の部屋になぜか4枚。(・・・えw?)      ・・・・・。 単に、フリースが好きなだけなのかもしれませんwあのモフモフ感がたまらない・・・w
玄関ポーチにユーカリを置いてみました。
2017年10月10日
玄関ポーチにユーカリを置いてみました。
営業部の川那子です。自宅の玄関ポーチが少し寂しいので、植栽を置こうと思い立ちました。頂いた植木鉢を置いていましたが、少し高さのあるものを中心に置くといいのかなという事で考え始めました。 下草を見に行った時に、花屋さんのアドバイスを受け、植木を買ってきました。買ってきたのは、ユーカリのポポラスというハート型の形をした葉っぱが特徴のものです。 花粉症予防と書いてありますが、息子の花粉症がひどいので、何となくそれも惹かれてしまいました。 水はけが良いように鉢底石を入れます。 植木を入れ、培養土を入れていきます。 ちょっと最初のうちさびしいので、ワイヤープランツを合わせて植えて、バークチップを敷いてみました。 完成です!何となく周りの鉢もいきいきしているような感じがして、勝手にうれしくなってしまいました。 様子をみて、もう少し何か加えていきたいなと思っています。失敗することもあると思うけど、またチ
無垢フローリングのメンテナンス
2017年10月 9日
無垢フローリングのメンテナンス
弊社で標準施工の無垢フローリングのメンテナンスについてご紹介させて頂きます。 日頃のお手入れに関しては、雑巾を固く絞って水拭きでおこなっていただければOKなんですが、どうしても汚れはつきものです。落ちにくい汚れの落とし方と無垢フロアの再塗装(化粧直し)をご説明いたします。 まずはしつこい汚れの落とし方です。無垢フロア専用のクリーニング洗浄剤をお引き渡し時にお渡ししております。水と混合し(水1リットルにクリーニング洗浄剤を大さじ2,3杯)、うきんで拭いてください。殆どの汚れはそれで取ることができます。 表面の汚れであれば消しゴムを使ったり、メラミンスポンジなどを利用することもできます。※メラミンスポンジでゴシゴシこすると塗装が取れることがあるので注意が必要です しかし内部までしみ込んでしまった汚れはなかなか落とすことができません。(醤油やソースなどいつの間にかこぼしてしまったが気が付かないこ
お月見で一献・・・・・一考。
2017年10月 3日
お月見で一献・・・・・一考。
こんにちは、営業部の町田です。本当に秋めいて参りました。「食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋,etc・・・」皆様に於かれましては、いかが秋をお迎えですか?私にとっては「食欲旺盛の、読書はほどほどの、完全に運動不足の秋です。」 ブログを更新しなければと弊社のホームページを開くと、中秋の名月のことが載っていました。丁度、数日前に妻とTVを見ながら「今年のお月見は過ぎちゃったのかな?気が付かなかったなぁ。」などと話をしていました。 なんと今年は,明日10月4日だったのですね。お月見っ!間にあった!たまには、弊社のブログも役立ちます。 お月見つながりですが、その時見ていた番組のなかで銀閣寺が取り上げられていました。 番組の中でも紹介されていましたが、銀閣寺と言えば砂盛による庭が有名ですね。向月台(こうげつだい)と銀沙灘(ぎんしゃだん)。いづれも月を鑑賞するために作られたことで知られています。また
秋・・なんの秋? Part2
2017年10月 1日
秋・・なんの秋? Part2
10月に入りました。日々、落葉樹の葉が黄色に彩付いてきましたね。皆様、いかがお過ごしでしょうか?設計部の藤枝です。 柿や栗、葡萄など果実が実り食べ頃です。。。実りの秋です!栗・・なんですが・・・身近にあり過ぎて意識したことがなかったこと。。野菜か果物かご存知でしたか?スーパーに行くと野菜コーナーにあり、果物コーナーにはない?栗ご飯、栗きんとん・・・・野菜? マロンというとデザート・・果物?   分類としては、【果物】 樹木に出来るものは(果実)となるそうです。食品成分表などではアーモンドなどのナッツ類と共に『種実類』とも分類されているそうです。栗に沢山の品種があると、ここ数年前に知ったのですが・・・『果物』とは知らなかったです果物や野菜などの収穫が多くなる、この時期の行事といえば・・『中秋の名月』 今年は10/4(水曜)となります。時期になると、母がススキ、団子、栗、イモ類など、縁側にお供
エアパスで太陽光を設置した時の電気代は?
2017年9月26日
エアパスで太陽光を設置した時の電気代は?
営業部の川那子です。今年度より、太陽光の固定買取制度が新しくなり、今までに太陽光を設置されたお客様のところへ、ご説明をしに行く機会がありました。 お客様とのお話の中で、電気の検針票を見せて頂く機会があり、そちらを見せて頂いた時に、金額を見てビックリしてしてしまいました。参考に二組のお客様の事例をご紹介します。 共働きのご家庭で、小さいお子様がお二人のご家庭です。 こちらも共働きでお子様がお一人のご家庭です。 どちらのご家庭もエアパスで40坪程の2階建てのお家です。電気のご契約は、今はなくなってしまいましたが、電化上手という契約で、昼間の電気が割高で、夜間の電気がお安くなっているプランです。 二組のご家族とも、昼間ご自宅にいない日が多いので、昼間はほとんど電気を使わず、売電がたくさんできています。夏場のものなので日照時間も長く、データとしては有利な時期のものとなりますが、支払った電気代を売電
大開口が気持ちいい無垢の家 笠間市
2017年9月24日
大開口が気持ちいい無垢の家 笠間市
弊社スタッフの家をご紹介させて頂きます。外観は軒を薄くすることでスッキリとしたシンプルで飽きがこないデザインに。アクセントに戸袋に木を使うことで弊社らしい木の家に仕上がりました。また軒の出を約1メートルだすことで夏の日差しを軽減させ、太陽が下がる冬には温かい太陽の光を取り込める設計です。 お住まいの見どころはタイトルにもある通り大開口の窓があるリビングです。フルオープンにすれば庭とデッキとつながり開放的な空間になり、1坪の吹抜けを設けることで漆喰壁に反射した優しい光が差しこみます。 玄関石の仕上げには大谷石を使用しました。アクセントに黒い仕上げの石を入れることで素朴な仕上げの中にもおもしろさがでています。玄関内部にも大谷石で仕上げることで靴の湿気を吸湿し消臭効果も期待できますね。 内・外部とも普段とは違うデザインで納めさせていただきましたが、素敵なお住まいになりました。今後も新しいデザイン
ゾーニング
2017年9月23日
ゾーニング
 設計部の深谷です。  「ゾーニング」という言葉を聞いたことがありますか。都市計画や建築設計において、 相互関係を考慮して必要とする建物などの位置を大まかに決めることです。  私たちが設計する場合は、自由設計なのでお客様より敷地の使い方・部屋の数・大きさ・生活の仕方など、 いろいろな希望をお聞きして、敷地を調べ・環境を見てから始めます。  この「ゾーニング」で、希望した事が入っているか、風通しが良いか、光が奥まで届いているかなど確認出来ていないと、後からいろいろな問題が発生し、満足な設計が出来なくなると思います。  お客様によって、大きな買い物ですので後悔させない様、心をこめてご提案いたします。  展示場は、現在本社桜川市・水戸市にあり、これからつくば市で工事着工し来年3月オープン予定です。 ぜひ、ご覧ください、社員一同お待ちしております。
明日は秋分の日
2017年9月22日
明日は秋分の日
 こんにちは、工事部の村田です。  日中は太陽が出ているとまだまだ残暑が厳しいですね。 でも時間が経つのは早いもので、今月に入ってすっかり日が短くなり、夕方は過ごしやすく成ってきました。  明日は秋分の日なので、太陽は天の赤道上をほぼ真東から出て真西に沈むそうです。  それからお彼岸は秋分の日を跨いだ前後3日の7日間を指すそうで、お彼岸にお墓の掃除や墓石の手入れするのは秋分の日が「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」という特別な日だからだそうです。  (ネットからの請負ですが、今回はこのブログを通して少しお利口に成りました。^_^)  お彼岸はさて置き、県道をドライブ中にこの時期ならではの花を見つけました。  撮影場所は桜川市犬田地内です。  ドライブ中に見える彼岸花の景色と車から降りて見た感じでは実物が微妙に見劣りしてますが、これはこれで良い様に思います。  結構華奢な花なんですね
ひたちなか市 ひだまりの家
2017年9月18日
ひたちなか市 ひだまりの家
 台風一過 とても気持ちの良い一日になりました。風も心地よく、秋が段々近づいてくるのがなんとなく感じられます。 こんにちわ、工事部の秋葉です。 今回の台風にて被害になられた方々には、心から御見舞い申し上げます。 さて、このたび ひたちなか市にて新築住宅の工事が始まりました。その名も ひだまりの家 今日の陽気のようにまったりとした 時間が過ごせる空間を お届けします。(ちょっと大げさかも知れませんが!) 先日、鉄筋の検査を行いまして、問題無! 早速明日コンクリートを打設します。これから工事の進み具合をアップして行きますので、興味の有る方はご覧になって下さい。 もし、現地をご覧になりたい方がいらっしゃれば 当方スタッフまでご一報下されば私くし、秋葉がご案内させて戴きます。 どうぞ、宜しくお願い致します。 ちなみに 鉄筋の検査状況です。
石桧(いしっぴ)って?ご存じですか・・・!?
2017年9月18日
石桧(いしっぴ)って?ご存じですか・・・!?
唐突ですが皆さん、石桧(いしっぴ)って、お聞きになったことはございますか? 石桧とは茨城県、栃木県にまたがる八溝山系や日光山系で育てられた桧材のことを昔はよく、そう呼んだそうです。 この地域で育てられた桧材は、国内の桧産地のなかでも比較的年間の平均気温が低く、雨量も少ない為か、年輪の目の詰まった堅く丈夫な木材に育ちます。どうやら石桧とは、「石」のような強度にすぐれた木材であることに由来しているようです。 そんな強度に優れた材料である石桧は、丈夫な家の構造材に適しているのはもちろんのこと、特有の美しい光沢と芳香に恵まれているため、私どものお勧めする木の家には欠かせない材料なのです。 地域の良材に恵まれ、桧専門の製材会社を関連会社にもつ私どもにとって、国産材にこだわったり、「環境と人にやさしい家づくり」をテーマにした家づくりは必然なんだなぁ、と改めて思います。石桧にご興味のあるお客様は、私ども
魔法の〇〇!?
2017年9月17日
魔法の〇〇!?
こんにちわ($´∀'p)♪。・*。・+設計部コーディネーターの酒寄です。最近急に涼しくなって参りましたね(*´∀`*)ゞこうなりますと、着る服にまたしても困り出す私です。(大体年に2回は困ってますw)タンクトップとかもう寒い!!カーディガン着てもスースーします!!かといって、ジャケットはそこそこまだ暑い。少しずつ衣替えをしないと、風邪ひきそうですwww皆様も、季節の変わり目は体調にお気を付け下さいませ(*'-'*) さて。本日は、"魔法の〇〇"!!というお題。昔から、魔法ちっくなモノに非常に弱い私です。例えば、香りのする鉛筆とか、"ええ!!なんでなんで??"というモノにとても興味が湧きます。 今回の魔法の品は、      お鍋     ゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚ クックパットでよく料理にチャレンジしてみてますが、最近は、クラシル(お料理の過程を動画で早送り再生してくれる便利な
夏涼しい、涼やかな家
2017年9月16日
夏涼しい、涼やかな家
先日、テレビ番組で「美の巨人たち」という番組を拝見しました。いつも通り番組表を見ていると、気になるタイトルを発見。 「あー気持ちいい!聴竹居暑さ寒さ知らずのモダニズム木造住宅」 抽象的なタイトルからどんな住宅なんだろう?暑さ寒さ知らずの住まいの工夫って?ますます気になりますよね。少しご紹介させて頂きます。 「聴竹居」は1928年に竹中工務店に在籍していた建築家・藤井厚二氏の自邸として建設された住宅です。和洋の生活様式の統合とともに、日本の気候風土との調和を目指した昭和初期の日本の住宅です。建築家・藤井厚二氏は大正から昭和にかけて活躍しました。自邸を検証のための実験として作り、実際に暮らした上でよりよい日本人の住まいのあり方を追及するため、実験棟として5度も自邸を建てました。最後に建てたのが聴竹居です。 『徒然草』で有名なフレーズ「家の作りやうは、夏をむねとすべし」という一説は家の造りは夏を
秋・・なんの秋? Part1
2017年9月 9日
秋・・なんの秋? Part1
蝉から鈴虫の鳴き声に変わりつつ、秋へ移ろぎはじめ、過ごしやすくなりました。 皆様、いかがお過ごしでしょうか? 設計部の藤枝です。 自宅付近でも、稲穂が実り収穫が始まりました。 今年の8月は雨が多かったですが、車移動中に黄金色に光る稲穂をみると影響は少なく新米が食べることが出来そうですね 、、食欲の秋です。 昨年は会社イベントで稲刈りをしました。前日まで雨が降っていましたが、稲刈りの日は快晴で、初めての体験するお子供達も一生懸命、汗を流して収穫をしました。自然の恵みを身体で体感することが出来ました あれから一年経つんだぁ~・・と日々の時間の経過を実感します。。秋といえば、読書というワードも・・・気候として過ごしやすいこの時期は読書に最適ですよね。。私は・・なかなか時間を持って読むことができていません  ・・・が。 先日、長年と定期購読していたインテリア誌について書かれている記事を見ました。
下草や低木を植えてみました。
2017年9月 4日
下草や低木を植えてみました。
営業部の川那子です。自宅の引渡しを受けて2か月が経ち、少し落ち着いて過ごせるようになってきました。 夏場の休みの日には草取りや芝刈りをやる機会が多く、樹木の下や芝の際の部分等の、雑草対策の意味合いと、少しでも雰囲気が明るくなるといいなという事で、下草や低木等を見るため、最近はホームセンターや花屋さんにも行ってみました。 以前からいろいろと建物を見させていただく際に、お庭を見ると脇役の植栽が、建物やシンボルツリーを引き立てているのを感じていました。 例えばこんな感じで、いろいろな色があると華やかな印象ですよね。 自分の家の庭は純和風で、常緑の植木があるので、空いているスペースや、新たに作ったところは、感じを変えたいなと思っていました。 何となく色がきれいなものと手間がかからなそうな多年草の植栽や低木を植えてみました。色合いはシルバーリーフや赤や黄色が入るときれいなので、そんなものを選びました
我が家の近くを走る蒸気機関車
2017年9月 3日
我が家の近くを走る蒸気機関車
設計部の深谷です。夏休みが終わってしまいましたね。子供たちは残念ですが、保護者の皆様は少しほっとしているのではないでしょうか。今回は、我が家の近くを走る、懐かしいSLをご紹介いたします。 路線は、真岡鉄道で、筑西市の下館駅から、茂木駅までの41.9kmです。毎週、土・日・祝日に1往復のみで、乗車券+整理券が必要で、車両は2台あるそうです。見どころは、下館駅では、陶芸家として、初めての文化勲章を受章した、板谷波山などが展示されている、「板谷波山記念館」 や 「下館美術館」 です。益子駅では、陶芸の町として有名で、人間国宝にもなった、浜田庄司などの作品が展示されている、「益子陶芸美術館」 や 「共販センター」があり、陶芸体験も出来る工房も多くあります。茂木駅では、国際サーキットが開催できる、「ツインリンクもてぎ」があり、家族で楽しめる施設も多くあります。また、道の駅「もてぎプラザ」では、道-1
ZEHカタログ制作プロジェクト 始動
2017年9月 2日
ZEHカタログ制作プロジェクト 始動
工事部の村田です。  今日のタイトルはかっこいい!!と思いません?  まあ、自分で勝手に思っているだけですが、、、、(*´∀`*)  当社はパッシブで自然(地球環境)に優しい家造りに取り組んでいる住宅会社としてトップランナーを目指してますが、2020年にはゼロエネ住宅建築50%以上を目標とする国の政策に関しても積極的に参加してます。  そのゼロエネ住宅に関する最初の取り組みがZEHカタログの制作です。  なぜカタログの制作が最初かと言うと、ゼロエネ住宅の概要は簡単なんですが中身はすごーく難しいんです。  それを皆様に理解して頂きたいからです。  ゼロエネ住宅を作るとなると、エネルギーの側面から住宅の仕様を見直さないといけないんですね。  どんな建物でも太陽光パネルを乗せればゼロエネ住宅に成るかと言えば、「なる事もあれば」「ならない事もある」んです。  それから国の補助金もゼロエネ住宅にすれ
エアパス工法&構造体 完成しました!
2017年8月28日
エアパス工法&構造体 完成しました!
8月5日に開催しました山林見学会に向けてエアパス工法をより理解していただこうと工事部ではエアパス工法&構造体を製作しました。 見学会に参加していただいた方は皆さん興味津々!説明も真剣に聞いてくださりありがとうございました。ますますエアパスの良さが伝わったかなぁと思います。 こちらが完成した。構造体の写真です。実際に建築するときと同じ材料、サイズで作成しました。なので少しゴツイ仕上がりにはなりましたが、実際に使用する材料の良さやサイズが見て触って確かめることができます。 内部も新築と同じ仕様で作成しました。画像では材料など説明書きを加えましたが、モデルある構造体にはまだ手を加えておりません。次の作業は各部材ごとに名前をつけていきます。 巾木ってどれかな?  廻り縁がわからない?  胴縁はこれだ? 野ブチを組んでいきますってなんだ? 専門用語を使わないようには気を付けてはいるのですが、たまに出
最近のお家事情。
2017年8月27日
最近のお家事情。
こんにちわ($´∀'p)♪。・*。・+設計部コーディネーターの酒寄です。 夏休みも、最終コーナーを曲がって参りましたね・・・!学生の皆様とご家族様。そろそろ宿題という現実に向かいあわねばならぬ時期でございます( ´艸`)!!宿題を後回しにしていた私は、ここからの5日間が夏休みで一番ヒートアップする時期なのです。ポスターを描いたり、絵日記を描いたり、習字を書いたりと、とにかく一年で一番頑張る時期w・・・・・この時期になるとよく思い出します( *´艸`)クスッ♪お盆が終わってから、少しそわそわし出すのですが、まだまだ手が出ず。そわそわしながらも、日々を満喫して、 いよいよ    "・・・やばい。" となるXデーが    "27日"でしたw (計画性のある方は、こんなことにはならないと思いますけどねw^^)今の宿題事情は分かりかねますが、最後まで素敵な休暇にしてくださいませ♡ さて。今回の私のネ
瀬戸内海アートの島
2017年8月12日
瀬戸内海アートの島
夏休み入りましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?設計部の藤枝です。 前回、お伝えしたいなぁ~と考えていたのですが、可愛らしい小学生の訪問のお話を先にお伝えしたため、季節がズレましたが・・ご紹介させて下さい。7月のまだ梅雨の時期でしたが瀬戸内海の島、香川県にある『直島』へ行ってきました。私が所属している建築に携わるメンバー15名、ほとんどの方が十数年来の知り合いの方々ですが旅行は初めて。一泊二日の弾丸ツアーでした。 なぜ直島なの?と瀬戸内海なら小豆島ではないの?と思われる方もいらっしゃるかと思いますが。。直島ってどこ?って気になられた方は、アートの島と言われるようになった歴史を下記のサイトからご覧下さい。 ベネッセアートサイトミュージアム 到着した宮ノ浦港、海の駅[直島]は茨城出身の妹尾和世さんが活動するユニット[SANAA]が設計。ガラス張りの開放的な建物でした。 旅風景写真の一部をご紹
恒例の「山林見学会」 楽しかったなぁ~。
2017年8月 8日
恒例の「山林見学会」 楽しかったなぁ~。
この前の土曜日(8月5日)、毎年恒例の山林見学会を開催いたしました。 前日までの天気予報(降水確率60%)がウソのように、天気にも恵まれ楽しい一日でした。 ご参加いただいたお客様には、桧の山林に向かう前に築16年のモデルハウスを見学した後、 桧専門の製材工場をご案内いたしましたが、長くなりそうなのでその辺は、またの機会に ご紹介いたします。それでは桧の山へGO!です。 山は本当に気持ちが良いよね。なんて澄んだ空気なんだ。自然と深呼吸したくなります。 日本の木、地域の木の大切さ。北限の桧の話。木を育てる大切さ・・・・そのことが山を守り、きれいな水を守り、そのことは川を守り、やがてきれいな海を守ることにも繋がっています。みんな熱心に聞いて頂けます。 本来ここで美味しい山での食事の風景のはずなのですが、あまりの美味さのせいか食べるのに夢中で写真を撮るのを忘れました。町田反省です (T_T)と
今週末はお楽しみに。^_^
2017年8月 3日
今週末はお楽しみに。^_^
 こんにちは。 工事部 村田です。 今日は8月3日木曜日です。今朝は8月とは思えないほど涼しい朝でしたが、徐々に気温が上がって、午後の陽気はそれなりに蒸し暑いいつもの夏に戻ってしまいましたね。  話が変わりますが、今週末はホームページのイベント案内に有るように山林見学会です。 昨年までの山林見学会は営業主体のイベントでしたが、今回は社長はじめスタッフ全員が参加する会社イベントとして開催します。  当然工事部スタッフも参加者の期待を裏切らない様ヤル気ですよ。 葵の里での木工体験は特に期待してくださいね。 ^_^ それで今日は午後からみんなでイベントの段取りをしました。 ココで詳細の全て発表する事は出来ませんので、一部のみ紹介します。  写真は杉板の加工材です。 元々杉の野地板だったものを大工さんが加工して、野地板が木工工作用の部品に変身しました。 実際これで何が出来るかは、葵の里に当日参加し
出して置いてもいいですか??
2017年7月30日
出して置いてもいいですか??
こんにちわ($´∀'p)♪。・*。・+設計部コーディネーターの酒寄です。わたしの時間の感覚がおかしいのか、はてまた時間が過ぎるのがあっという間なのか、気が付くとお当番のわたしです(* >ω<)=3(・・・でも。実はひそかな楽しみだったりしますww(*>艸・)!なぬっ!?) 毎回、ネタに困りそうで困らないのは、自爆ネタをたくさんプールしているからだったりします(*≧▽≦)bb・・・ということはです。日頃から、そんな出来事に出くわすこと(やらかしちゃうこと)が多い・・・ということ!!(* >ω<)=3 そんな私の最近の出来事をひとつ。 先日、つくばのエクスポセンターにプラネタリウムを見に行った時のこと。    出典:http://kidslifeguide.com/expocenter/    (↑こんな感じですw) 前から気になっていたものの、近くなのに行ったことがあ
薪ストーブのある無垢の家 水戸市
2017年7月30日
薪ストーブのある無垢の家 水戸市
お引渡しさせて頂きましたお施主さまのお住まいをご紹介致します。 今回のみどころはお施主様の夢である薪ストーブ!飽きの来ないデザインのバーモントキャスティングのアンコールを設置しました。床、壁ともタイル張り仕上げ。高級感がある仕上がりになりました。 夫婦の会話が弾む、楽しくなるLDK。お施主様も「夏は涼しく、冬は暖かい。なんせ桧の床が気持ちいい」そんなうれしい言葉も頂きました。見どころである薪ストーブの他にも天井の仕上げでは国産の地松を表しにし、珪藻土クロスと杉板で味わいのある空間です。 LDKから玄関へ向けてのお写真です。ただいまーと聞こえてくるようなつながりのある間取り。玄関とLDK、階段をつなげることでお互いが顔を合わせ幸せな毎日が過ごせます。 こちらは造作の手洗い。(1階トイレ隣接手洗い)カウンター材には杉材を使用。無垢材だけではなく壁にタイルを貼り仕上げることでより温かみのある仕上
芝生に目土をしてみました。
2017年7月22日
芝生に目土をしてみました。
営業部の川那子です。自宅工事の外構工事をした際に、少しだけ芝張りをしました。その時にアドバイスしてもらった植木屋さんが昨日様子を見に来てくれて、「目土した方がいいよ!」と更なるアドバイスをくれました。 建築工事の際に、鉄板の養生もしていたので、少しボコボコしちゃってます。 といっても、今まで芝刈りを定期的にやるくらいで、あまり特別な事はやったことはありませんでした。ホームセンターに行ったら、こんなものが298円で売っていました。目土には発芽や発根を促進する役割と、デコボコを修正する役割があるとの事です。 ちょうど良いところに娘が部活から帰ってきたので、ほんの少しだけ手伝ってもらいました。 使用前と後があまり変わり映えしませんが、10袋程、撒いてみました。 完成時に植えてみたセダムは、1か月程であっという間にモコモコしてきました。お庭の植物が元気が良いと気持ちが良いですね。 草取りなどが大変
キラキラした眼差しの先にみえるものは・・。
2017年7月22日
キラキラした眼差しの先にみえるものは・・。
梅雨が明け、セミの鳴き声が一層増し、盛夏となりましたねいかがお過ぎしでしょうか?設計部の藤枝です。 先日、小学6年生の女の子2人がモデルハウスを訪ねて来ました。どうしたのかな?何か困ったことあったのかな?と思っていると、 『建物の中を見せてください』と。その日は、終業式が終わったという午後のこと。『どうぞ~』と招くと『木がたくさん、木の匂いがする、気持ちいい。』『薪ストーブに煙突』『外国に居るみた~い』など。 夏休みの宿題や課題があって見学に来たのかな?と聞いてみると、 『家に興味があり見てみたかった。こんな家に住んでみたい!』と好奇心旺盛に話をしてくれました。 私も分かるかなぁ~と思う範囲で建物の特徴や間取りなど話をすると『対面キッチンがいい~』『ダイニングと繋がっているから食器を並べやすいし話も出来る~』『今は床に座って食事してるけどテーブルとイスで食事いいね~』『あーいう家具置きたい
我が家の家庭菜園
2017年7月21日
我が家の家庭菜園
 設計部の深谷です。本日は、我が家の家庭菜園を紹介したいと思います。 初めは、7年前より約3坪で夏野菜(キュウリ・ナス・ゴーヤ・ミニトマト・ピーマン・オクラ)を無農薬で育て始めました。      実家は農業を営んでいましたが、少し手伝う程度だったので、どうなるか心配でしたがネットなどで調べながらやって見ると、 何とか収穫出来て感動しました。  今では、敷地も10坪位に増設して、じゃがいも・たまねぎ・長ネギ・キャベツなど、一年を通してたくさんの野菜を育てています。  人力で耕すので大変ですが、野菜を通して廻りの人たちとの会話や、収穫の楽しみがあり、育て始めて良かったと思っています。   皆様も興味がありましたら、プランターでも出来ますので、始めてみてはいかがでしょうか?
建築物から家へ
2017年7月17日
建築物から家へ
工事部 村田です。  このところの毎日の暑さ凄いですね。 猛暑と言うか酷暑に近いものが有ります。特に、屋外で作業している方本当に御苦労様です。これだけ暑い日が続くと体調管理も難しいと思いますが、自分の事は自分しか判らないので無理せずがんばってください。  今日載せようと思っている記事は、タイトル通り「建築物から家へ」と言う内容です。タイトルからだと内容が想像つかないと思いますが、言いたいことはシンプルで、私たち丸和建設のスタッフが手がけているのは建築物であって、家として育て上げてゆくのは引き渡し後のお客様だなと日々感じてます、って事です。  ですから当社の様な建築会社が図面を見ながら10棟建てれば、多分10棟ほぼ同じ建物(建築物)が出来上がってしまいます。逆に同じものが出来上がらないと大問題ですけどね。(^_^;) でも、そこに10家族の方々が住まえば1年後には内観が違ってきて30年後には
木の家に興味あるお客様へ・・・
2017年7月10日
木の家に興味あるお客様へ・・・
このところ暑い日が続きますね。それにしても暑い・・・営業部の町田です。 今日も外は33℃を超えました。 そんな盛夏の折、今年もやります! 山林見学会!! 木の家を建てるには ♬自然を身近に感じること~ 良い木にこだわること~ 木の家の気持ちよさを実感する~こと それが一番大事~♬♬~♪ 山では清々しい空気の中、お食事や沢遊び、木工体験など楽しいひと時。 桧の製材所では丸太から製品になるまでの過程をご見学。 展示場ではエアパス工法の夏のさわやかな空気感を実感!! 下記に当日のスケジュールを含めて詳細をご案内いたしましたので、どうぞお気軽にご参加ください。 記 昨年の山林見学会の様子を一部ご紹介します 毎年感じる事ですが、特に夏の山は気持ちが良い。そこで食べる食事も格別おいしい気がします。 山には何か不思議なちからがあるのかもしれません。よくは分からないけど掛け値なしに気持ちが良い事は確かで
片付けの実践記録です!
2017年7月 8日
片付けの実践記録です!
こんにちわ(*'v`丱)☆+゜設計部 コーディネーターの酒寄です。夏も本格的になって参りましたね!!水分をしっかり摂って、体をちゃんと労わって頂きたいです($´∀'p)♪。・*。・+ まずは。<予約制の見学会のお礼>7月1日(土)2日(日)の見学会が終了致しました。今回は予約制ではございましたが、実際にお住まいになる建物を見て頂くのが一番のポイントかと思います。ご夫婦お二人でお住まいになる平屋でしたので、今後のご計画の参考にして頂けたら幸いです。ご協力頂きましたお施主様、2日間大変お世話になりました。この場を借りまして、心から感謝申し上げます。誠にありがとうございます! さて゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚あっという間にお当番が回って参りました!(え。。。もう3週間たったの・・・?)ちなみに、工務部の村田さんに、    "今週のお当番酒寄さんだよお?!" と言われて気づく。  まさ
エアパスと自然素材、空気が違います。
2017年7月 3日
エアパスと自然素材、空気が違います。
営業部の川那子です。おかげ様で、先月引越しをしました。片付け等でバタバタしており、久しぶりにブログを更新させて頂きます。6月初旬に開催した自宅の見学会では、60組ほどのお客様にご来場頂きました。現在ご計画されている方の他、OBのお客様もたくさんお越しいただき、お声かけて頂きました。ご来場頂いたお客様本当にありがとうございました。 住んでみて改めて感じたのは、エアパスの家の空気感の良さです。実際過ごしてみて、本当に爽やかなで、今ぐらいの季節は窓を閉め切りにしていても、ひんやりとした空気に包まれています。もちろんまだエアコンは使っていません。お客様に夏の爽やかさを説明するのに、改めて自信をもっておススメしようと思っています。 先日自宅に神棚を飾りました。正直板の間のリビングの一角に飾るので、雰囲気を合わせるのにどうしようか悩んでいましが、いろいろと検索し、購入しました。 こんな感じで飾ってみま
緑化フェア&花と器のハーモニー展
2017年6月30日
緑化フェア&花と器のハーモニー展
明日から7月ですね、6月は雨が少なく感じましたが今日は湿度がありましたねでも、モデルに入るとスーッと爽やかを感じました エアパス工法の効果ですね!皆さまは、どのように過ごされましたか? 設計部の藤枝です。 5月の休みに横浜へ出掛けた際に開催されていた『全国都市緑化よこはまフェア』へ立ち寄りました。自然や環境について考えたり、外構の展示や季節の花々を鑑賞することが出来ました。 住宅のエクステリア計画の参考になりました。 5月末に行ったので、山の手エリアの西洋館にて『花と器のハーモニー展』も開催されていました。各流派の華道の方々から学生まで、色々なテーマで各室を華やかな空間が演出されていました。 ダイナミックな演出ですね。この後の写真は自宅でも真似できそうな・・・来客がいらっしゃる時に、花を飾ったり、テーブルウエアをプラスすることで『おもてなし』感がプラスされますね!ウサギのミミにしたナプキン
エアパスグループ Newポスター完成!
2017年6月29日
エアパスグループ Newポスター完成!
こんにちは。エアパスグループで新しいポスターが完成しましたのでご紹介させて頂きます。 左:クーラーの嫌いな方は見逃せません&右:やさしい家に帰ろうの2種類になります。クーラーの嫌いな方は見逃せませんとても気になりますよね?ポスターの内容をそのまま記載します。 「夏涼しく、冬暖かい」--よく見かけるキャッチフレーズです。断熱がしっかりとしている家は、夏の午前中くらいは涼しくともいったん家の中の温度が上昇すると、その熱い空気が逃げなくなる、まさに魔法瓶のような住宅となるのです。冬と夏衣替えする「エアパス工法」の家はまったく違います。小屋裏のいちばん高い位置から熱気と湿気を放出します。「エアパス工法」の家ならクーラーの使用は最小限で、夜の寝苦しさから解放されます。エアコンに頼らない夏、いかがですか?ポスター下部にある円グラフにもご説明がありますが、確かにエアコンの設置率は弊社のお客様も低いです。
ボルダリング・クライミングジムのご紹介
2017年6月22日
ボルダリング・クライミングジムのご紹介
こんにちは。工事部の稲見です。築5年エアパスの家にお住まいのお客様F様が、先月ボルダリングジムをオープンしましたのでご紹介させていただきます。 F様とのお付き合いは5年ぐらいになります。お住まいはエアパス工法で薪ストーブを設置。定期点検などでお伺いすると丸太が大量の山が!よくぞここまで集めましたね。っていうぐらいの量です。完璧なアウトドア派のご主人なので薪割りは効率よくそして手作りのピザ窯などマイホーム&DIY生活に憧れます! そんなF様が笠間市にボルダリングジムをオープンしたのでご紹介させてください。場所は友部駅から徒歩5分くらいで店舗名はボルテックス。地元の方だとわかりやすいのですが、ホテルふじぬまの近くです。 はじめてボルダリングジムに行ったのですが広くてびっくりしました。 なにも比較対象がないので大きさがわかりにくいかと思いますが、広くて高いです。(雑な説明で申し訳ございません)
平屋建てのデメリット・メリット
2017年6月20日
平屋建てのデメリット・メリット
 最近、平屋建てを希望されるお客様が、増えております。 そこで、デメリット・メリットをまとめて見ました。    「 デメリット 」 ・敷地面積が、少し広くなってしまいます。 ・基礎や屋根面積が増え、坪単価が高くなってしまいます。 ・たくさんの部屋がほしい場合、外部窓が確保しにくく、暗い所が出来てしまう場合があります。 ・周りの二階建ての家より、視線が気になります。    「 メリット 」 ・年を取っても無理なく過ごせます。 ・階段・ホール・二階トイレが無くなり、坪数が小さくなり総予算が安くなる場合があります。 ・耐震性がいいです。 ・二階の音や振動が無く静かです。 ・高さが低くなり、斜線制限(北側・道路)を受けにくく境界いっぱいまで、建てやすくなります。   以上、敷地に余裕があれば、個人的には、平屋建ての方が良い様に思います。これから計画される方は、参考にして下さい。 無垢で建てる平屋の
木製 玄関スロープ
2017年6月20日
木製 玄関スロープ
 こんにちは。 工事部 村田です。  久しぶりの登場です。当社のブログは社内ローテイションを組んでいる関係で、各人のブログアップが空いてしまいます。その為、同じテーマを追いかけないと記事の内容に時間的な連続性が無くなってしまいます。それはそれで悪くないとは思いますが、記事を分割して連載物でアップして行くのは難しいかな。  そんな訳で、できるだけコンパクトにまとめた内容でブログアップして行きたいと思います。  今回は、先日、建築中のお客様宅で玄関スロープの打ち合わせをした概要を載せたいと思います。  通常玄関スロープは階段+スロープで計画すると思いますが、今回のお客様宅はスロープのみです。しかもスロープの仕様は木製です。コンクリートのスロープなら勾配とスロープ方向くらいの打ち合わせで施工出来ますが、木製なので下地の間隔や下地の固定方法、板張りの方向、塗装色、既存地面との取り合い納まりなどなど
無垢の木。県産材を使おうっ!!
2017年6月13日
無垢の木。県産材を使おうっ!!
こんにちは、営業部の町田です。先週に関東は梅雨入りしました。なのに・・・・あまり雨が降りません。後でやっぱり梅雨入りは、まだでしたなどと訂正されるんじゃないかな? 私どもにとっては外での仕事が捗って悪い事ばかりではないのですが、食生活や他の経済活動・消費といった面では決して良い事ではないですよね。ましてや自然の循環サイクルにとっても良い事ではありません。 降るべき時には、きちんと降る。暑い季節はしっかりと暑く、寒い季節は寒い!その方が風情があっていいと思いませんか? 思い切ってテルテル坊主をはずしてみよう。 気が付けばタイトルとは全く関係がなくて、すみません。さて、本題です。普段から無垢の木、特に茨城県産材をたくさん使用して家づくりをしている私どもに嬉しい、そして無垢の木に興味のあるお客様にも嬉しいニュースをご紹介いたします。 以前から茨城県産材の木材を活用した新築住宅建築に際し、条件を満
しまう=見えなくする、になってませんか?
2017年6月11日
しまう=見えなくする、になってませんか?
こんにちは($´∀'p)♪。・*。・+設計部コーディネーターの酒寄です。<見学会のお礼>2週連続の見学会が本日で終了致しました。ご興味のある方をはじめ、すでに建てて頂いたお客様も多数ご来場頂き、誠にありがとうございました。普段の仕様とは一味も二味も違う住まいでしたので、楽しんで頂けましたら幸いです(*'v`丱)☆+゜簡単ではございますが、この場を借りまして心から御礼申し上げます。さて、ここのところ"片付け"にスポットを当ててお話させて頂いておりますが、表題を読まれて、ドキッとされていらっしゃる方おりませんでしょうか・・・?(・・・わたし、またしても内心ヤバイ・・・!と思っております!)       臭いものにはふたを・・・。 そんな感覚で、扉のついたクローゼットに、出ているものを押し込めていらっしゃる方も、少なからずいらっしゃるかと思います。        開けた途端に雪崩が発生・・・?
水戸市OB様宅漆喰メンテナンス
2017年6月10日
水戸市OB様宅漆喰メンテナンス
こんにちは。工事部の稲見です。本日は水戸市のOB様のM様とA様宅に漆喰のメンテナンスにお伺いしました。M様A様ともに2年のエアパスのお住まいになります。 弊社の家づくりでは構造材や下地材、内装仕上げ材はすべて無垢材、漆喰などの自然素材で仕上げております。例えば天井は杉板仕上げ、壁は漆喰塗り、床は桧材無垢フローリングを標準としております。身体にも優しい住み心地の良い住まいですが、無垢材を使用している以上正直、、、、 木が呼吸しているためねじれたり、反ったりします。 雨の日には湿気を吸って伸び、晴れて乾燥した日には湿気を吐き出して縮んでいるのです。これは梅雨時や夏の時期、冬の乾燥期など、季節の変化によっても変わります。 そのため仕上げ材でもある壁の漆喰仕上げが隙間ができたりひび割れが発生したりします。お引き渡ししてからも満足して過ごしていただけるよう、弊社では2年点検後に漆喰の補修を無償で行っ
エアパスと無垢材の家、完成しました②
2017年6月 6日
エアパスと無垢材の家、完成しました②
たびたび失礼します。営業部の川那子です。今回は内部の完成写真を少しご紹介致します。 気に入っているリビングの登り梁と吹抜けを写した写真です。 ダイニングとキッチン部分です。ステンレスのキッチンを設置しました。奥に見える土間カウンターは、以前ご紹介した解体する建物で使っていたケヤキ材です。 リビングの本棚から和室へつながるスペースです。玄関裏ですが、吹抜けから落ちる明かりが効果的に仕上がりました。 2階のホールです。本棚とテレビ台も兼ねるカウンターを設置しました。 一応外観も改めてご紹介します。シンプルな外観なので、木を少しアクセントとして表しにしました。今週末も見学会を開催します。近くにある本社展示場と桧の製材工場もご見学頂けます。是非お気軽にご来場ください!
エアパスと無垢材の家、完成しました①
2017年6月 6日
エアパスと無垢材の家、完成しました①
営業部の川那子です。自宅の工事が順調に進み先週末と今週末で、見学会を開催しています。 もっと早く更新して内容をお伝えしたかったのですが、見学会が始まってしまいました。遅れてしまいましたが、少しご紹介させて頂きます。 内部の仕上げ工事状況です。各業者さんが一生懸命工事してくれました。 見学会前の最終週に建物周りも工事をしてもらいました。震災時に倒れた大谷石や、解体前の建物周りに敷いてあった飛び石などを利用しました。職人さんと並べ方などを相談しながら進めました。 職人さん達のおかげで、建物・庭造りともに満足いく仕上がりになりました。次回は内部の完成写真をご紹介いたします。
草花やクラフトを気軽に飾りませんか? Vol.2
2017年6月 6日
草花やクラフトを気軽に飾りませんか? Vol.2
6月に入り、梅雨が近づいてきているのも忘れる過ごしやすい日ですね。設計部の藤枝です。 前回に引き続き、クラフト雑貨などについて、ご紹介したいと思います。一枚の板から加工された可愛らしいパズル。癒されます。。。チョウやトリはホントに小さいパーツなのですが、精巧に作られています。クラフトマーケットなどを巡ると「作ってみませんかぁ」と体験出来たり、端材が格安で販売されたり・・そして・・・ 作ってみました   そして・・・買ってしましました 仕上がり後にご紹介できればと思ってます。(忘れた頃に・・) 梅雨入り間近を連想させるアジサイと梅の実。  私だけ?草花を育てているスタッフが、この時期は紫陽花を持ってきてくれます 雨露で艶やかに咲く紫陽花を観る楽しみを考えると梅雨時期の不快感も個人的に気分が和らぎます。 楽しみにしていた自宅の梅の実は・・・・不作(裏年のよう)で梅干しを作るほどの収穫が出来そ
過ごし易い季節と成りました
2017年5月28日
過ごし易い季節と成りました
 工事部 村田です。 5月も中旬を過ぎ、吹く風に初夏のすがすがしさを感じるように成りました。 この時期は個人的にいちばん好きです。朝起きるのも辛くないし、日中の時間が段々と長くなるので得した気に成ります。(*^^*)  今日は、自分自身あまり季節を感じながら過ごしていないので、我が家の草花を紹介しながら (若干自慢が入ってますが) 季節感をブログに綴ってみたいと思います。 先ずはクレマチスです。別名 鉄線 と呼ばれている花なんですが、実家から引っ越してきて10年位が経ちます。 この花、なんと何の手入れをしなくても毎年咲いてくれる優良品種です。秋には枯れて冬の寒い時期には鉄線のようにヒモ状の茎が絡まっているだけなのに、5月の花の時期は本当に驚きです。 次が芍薬です。 こちらは我が家の道路際に咲いてる花です。牡丹の花にとても似てます。 芍薬はユリと同じように球根の花で、この芍薬も我が家に来て1
「茨城で建てる注文住宅」取材立ち会ってきました。
2017年5月22日
「茨城で建てる注文住宅」取材立ち会ってきました。
5月というのに暑い日が続きます。なんと今日も30℃を超えました。この季節になるとフェイスタオルを手放せない、営業部の町田です。 この前の土曜日、お引き渡し後1年ちょとのお客様宅での雑誌掲載にあたり取材に立ち会ってきました。取材当日も朝から25℃を超え、途中28℃を超えるなど暑いなかでの取材でした。外観の写真を最初に撮影することもあり、外からスタートです。あっ、あっ・・暑い。取材が進み建物内に入ってビックリ! すっ、すっ・・・・・涼し~いっ! 改めてエアパス工法の爽やかさを実感。取材で訪れた出版社の方やカメラマンも驚いていました。エアパスの家は一年中気持ちが良いけど、特に夏が気持ちいいんだよねぇ。とても暑い中、撮影した外観です。写真がヘタクソですいません。プロが撮影した写真は雑誌でご確認ください。6月21日発売予定です。(suumo 茨城で建てる注文住宅) オープンで明るいキッチン。自然に会
自分に一番合っている方法は??
2017年5月21日
自分に一番合っている方法は??
こんにちわ。($´∀'p)♪。・*。・+設計部コーディネーターの酒寄です。大分暑さを感じる季節になって参りましたね!(A;´・ω・)フキフキここへきて、いきなり着る服に困り出す私です。今日、本社のSRに入ったところ、ひんやりと気持ちよさを感じました!!*:.。☆..。.(´∀`人)エアパスの家・・・すごすぎる・・・。(さりげなくCM。) お客様によっては、『エアコンかかってるんですか?』とおっしゃる方も。 安心してください。・・・・・・・履いて・・・・・・・・ではなくて、自然エネルギーと仲良くできるお家ですので、機器類は補助的に使って頂いております!!そのくらい、涼しいのです。(今の時期ならではですので、ぜひともこのヒンヤリ感を体感して頂きたい・・・!と切実に感じます!!テクテク・・・o(゚ー゚o)。。。。3)気になりましたら、ぜひ遊びにいらっしゃってください!(さりげなくアピールw)私の
漆喰を塗って、無垢の登り梁が引き立ってきました
2017年5月16日
漆喰を塗って、無垢の登り梁が引き立ってきました
営業部の川那子です。自宅の工事ですが、外部の足場が外れました。足場が外れ形がはっきり見えると、ますます完成が待ち遠しくなります。 内部は漆喰工事が進み、壁が仕上がってきました。先週の金曜日の夜、急に娘が手形を付けたいと言い出し、土曜日に左官屋さんに急なお願いをしました。当日は息子が張り切ってしまい、一人だけ両手とも手形を付けていました。 今週は内部の足場も外します。壁を塗った後は、ガラっと雰囲気が変わるので楽しみです。 リビング部分です。天井・壁ともに仕上がりました。漆喰が塗りあがり明るくなると、見えている無垢の木の部分が引き立ちます。特に登り梁の地松が引き立ってきました。 6月の3・4・10・11日の土日に、二週続けて見学会を行います。是非お気軽にご来場下さい!
草花やクラフトを気軽に飾りませんか? Vol.1
2017年5月16日
草花やクラフトを気軽に飾りませんか? Vol.1
GWが過ぎましたが、連休は旅行やレジャーへ出掛けられましたか?新緑の季節は木々に葉が広がり癒されますよね!設計部の藤枝です。この季節は、自宅にある梅の実の成長が楽しみになっています。今朝、確認したら・・ 接写にしすぎましたあと半月位待って・・梅酒、シロップ漬け、梅干し作りが待ち遠しいです。梅干しは、ここ数年に始めたので漬けたり、干したり、タイミングが上手く出来ず失敗。2年目は上手く出来て『美味しかったよ~』って言ってもらえ、母に近づけたかな~などと感じましたが・・次の年は失敗 昨年は作れず・・今年、再チャレンジしたいと思っています。 また、草花もたくさん咲いていていますね! 昼間の車移動中は楽しみの一つです。そして、この時期は笠間の陶炎祭、益子陶器市など開催され工芸品や民芸品、手芸品などクラフトなどに触れお気に入りを見つければ、飾ったり使う楽しみがありますね!私もクラフト雑貨などが好きで、
スキップフロアのある無垢の家 水戸市
2017年5月 9日
スキップフロアのある無垢の家 水戸市
お引渡しさせて頂きましたお施主さまのお住まいをご紹介致します。スキップフロアのある遊び心たくさんのお住まいです。 爽やかな外壁の色合いと木材の塗装が重なって品のある外観になりました。総二階にプラス玄関をつけることでシンプルな外観の中に動きが出てとても良いですね。また玄関の屋根を葺き下ろすことで玄関ポーチスペースの雨の吹込みを軽減しております。 東西に奥行きのあるLDKです。リビングに隣接したスキップフロアではお子様の勉強スペースに。家族みんなが顔を合わせることで毎日が楽しく笑顔で過ごせますね。 スキップフロアでは姉妹が仲良くお勉強。これで成績もぐんぐん上がる気がします。カウンターはタモ材を使用し自慢のスペースとなりました。 吹抜けからのお写真です。1階2階通して家族の存在を感じる家づくり。家族が仲良く過ごせる秘訣はここだと思います。家族が顔を合わせ、声を掛け合うことでお互いの体調や気持ちの
塗装屋さんと左官屋さんのコラボ
2017年5月 7日
塗装屋さんと左官屋さんのコラボ
営業部の川那子です。今回も自宅の工事を、ご紹介させて頂きます。 連休前に外壁の吹付工事を行いました。今回は季づくりの家の標準仕様にも採用しようとしているトラバーチンという仕上げで工事を行うことにしました。 写真上の塗装屋さんが吹付を行い、左官屋さんが仕上げているところです。 吹付ける状況を確認し、左官屋さんが仕上げていきます。互いに声を掛け合いながら、絶妙に進んでいきます。 写真が分かりにくいと思いますが、きれいに仕上がりました。ガラスに何か映っていますが、ご勘弁ください。 今日は左官屋さんが内部の壁を塗り始めました。漆喰工事の下塗りをしているところです。今回は一部天井も塗ってもらっています。 壁を塗り始める前には養生をしっかりとしてもらいます。窓枠や廻縁の赤いテープや床回りのシートなど、汚れないようにしっかりと養生してくれています。漆喰工事は半月程かかりますが、養生だけで3日かかっていま
常陸の国 出雲大社様に行ってきました。
2017年5月 6日
常陸の国 出雲大社様に行ってきました。
 設計部の深谷です。  私事ですが、先月に長男が出雲大社様にて結婚式を挙げました。 てっきり教会式かと思ったら神前式で行なうとの事、 最近の結婚式は、ほとんどが教会式でしたので、懐かしく新鮮でした。  私たち夫婦も結婚してまもなく30年です。 何とかやってこれたのも、妻や廻りの皆様のおかげかと、感謝しております。  二人もお互いを思い合い、廻りの皆様に感謝することを忘れずに、 幸せな家庭を築ける様、切に願っています。 拝殿前の大しめ縄です。日本最大級で、約16m 直径2m 重さ6t との事。大迫力でした。
床は無垢の桧が標準仕様です。
2017年5月 2日
床は無垢の桧が標準仕様です。
 こんにちは。 工事部の村田です。 なんか久しぶりの更新のような気がします。 前回までは省エネのBELSやZEHの取り組みについて書きましたが今回は工事部らしく現場の事について書こうと思います。  今日はタイトルに表示されている無垢の桧フロアーを張っている現場に行ってきました。まあ町内の現場なので車で行くとアッと言う間に到着してしまいましたが。  現場に着くと大工さんが二人で床張りの作業をしていました。 張っている桧フロアーは兄弟会社の丸川木材さんオリジナルで製作している物です。この桧フロアーの肌触りはとても良いんですよ。機会があったらぜひ触れて頂きたい物です。  国産の桧はその耐久性の高さや加工性の良さ、程よい色合いや柔らかい風合いの為、構造材から造作材まで幅広く利用されている樹種です。それに仕上げ加工に依りますが、肌触りもとても良いです。特に丸川木材さんのオリジナル床材はすべすべしてい
丸和建設さんは材料がイイねって言われます
2017年4月25日
丸和建設さんは材料がイイねって言われます
こんにちは営業部の町田です。この季節の山は格別にきれいですね。一足遅い新芽が芽吹いた黄緑色と深い緑が混在していて思わず目を奪われます。このままドライブに行ってしまえたらなどと思いつつ・・・・・・出勤途中のハンドルを握っています。 さて、今回は弊社の関連会社で行っている桧の製材工程を少しだけご紹介いたします。 丸太積みの写真です。この製材所では茨城県産材や栃木県の日光材を中心に樹齢50年以上の桧を厳選して製材しています。元々この地域は寒暖の差に加え、平均気温が低く雨量が少ないなど、年輪の目の詰まった良材が生育する環境が整っています。 つぎは、いよいよ製材の過程です。  皮むきの工程です。製材しやすいように桧の樹皮を削り取っていきます。削り取った皮は家畜の敷き藁がわりなどとして再利用いたします。そーかぁ、皮まで無駄にしないのです。  さぁ製材です。皮むきされた桧の丸太が、大きな帯のこぎりで敷居
お片付けへの思い。
2017年4月23日
お片付けへの思い。
こんにちは($´∀'p)♪。・*。・+設計部コーディネーターの酒寄です。桜の季節も過ぎ、田植えの時期になってきました。会社のまわりは田畑が多いので、カラカラだった田んぼに水が入り、日中とてもキラキラしています。さて。スタッフ交代でのブログが、あっという間に回ってきましたwww(・・・・早すぎる(*ノω<*) アチャー・・・・!!)ので、少しお片付けについて書いてみようと思います。 今は、たくさんの本が出版されていますよね。"片付け"と書く本もあれば、"断捨離"と書く本もたくさんあります。 私は以前から、"金スマ"で"こんまり先生の片付け方"にとても感銘を受けていたので、本を買って読んだり、HPを見たり、色々情報収集をしています。 でも、実際にやってみようとすると、モノの量に圧倒されてしまって、心が折れて終了・・・・・・。(とにかくモノが・・・多いのです)そして、その都度、"やっぱり私
桜川市 大工工事完了しました!
2017年4月21日
桜川市 大工工事完了しました!
営業部の川那子です。おかげ様で、自宅の工事が順調に進んでおります。 外部の工事はこれから吹付工事を行うところです。内部は大工さんの工事が終わったところです。リビングから和室に向けて写真を撮りました。吹抜け部分がとても気に入っています。 2階のホールです。大工さんに本棚を作ってもらいました。 上部写真の本棚を作っているところです。大工さん手づくりの造作棚です。ひとつひとつ材料を見ながら丁寧に仕上げてもらっています。 柱や土台等の構造材だけでなく、窓枠や棚類、廻縁や幅木に至るまで、全て既製品を使わず無垢材を加工してもらいます。いつもあたり前にやってもらっていますが、高い技術のある職人さん達は本当に凄いと思います。無垢材の手加工だからこそ、仕上がるととてもやさしい空間になるんですね。 来週からは内装の業者さん達が工事をしてくれます。これからは目に見えて現場がどんどん変わってきますので、近いうちに
エアパス工法は夏快適に過ごせます
2017年4月18日
エアパス工法は夏快適に過ごせます
工事部の稲見です。17日、18日に郡山市ビックパレットでエアパスグループ春の定例会に参加させていただきました。 定例会では各社の新たな取り組みや実績発表、エアパス工法のシュミレーション、も住宅保証機構㈱唐沢様の講演などがありとても貴重な時間でした。 エアパス工法の話がありましたので、少しご説明させていただきます。エアパス工法は高気密高断熱ではありません。夏と冬に衣替えができる家です。高気密高断熱の家は夏の暑さや寒さを遮断し冷暖房の効率をあげます。しかし夏は家全体に熱がこもり、冷房をつけていないと暑くていられません。(魔法瓶と同じと考えて頂ければ)エアパス工法は太陽の熱を利用し夏は小屋裏換気口で熱を放出。冬は小屋裏換気口を閉めることで熱を家全体に蓄熱します。夏も冬も自然エネルギーを使い涼しく暖かく過ごせます。詳しくはホームページ内こちらから→http://www.maruwakensetsu
むく材の経年の変化って素敵
2017年4月15日
むく材の経年の変化って素敵
工事部の稲見です。本日、水戸市にお住いのH様邸とO様邸の定期点検を行ってまいりました。弊社では、お引き渡し後から1年、2年、5年、10年と定期点検を行っております。お引き渡ししてからが本当のお付き合いです。素敵なお住まいを美しく長く過ごすためにいろいろなサポートをしていきます。 H様邸では現在外構工事が進んでおります。これから植栽やお花が楽しくなる季節になります。ガーデン灯を検討しているところで、夜になるとまた違った印象になるので楽しみです。H様「庭お手入れで疲れた時のために、真ん中にガーデンチェアとパラソルもほしいぁ」奥様も完成後のイメージも着々と進んでいるようです。いつも暖かく迎えてくれるH様。いつもありがとうございます。 続いてはO様邸です。 こちらもお住まいになられてから1年が経ちました。O様「やっとポストがつきました(笑)」笑顔が絶えないご家族で私も笑ってしまいました。すいません
新年度に思う・・ものづくりへの想い
2017年4月11日
新年度に思う・・ものづくりへの想い
設計部の藤枝です。 4月に入り、新たな環境で生活を始めた方が多いのではないでしょうか? 新しく始めることは、不安もありますが、期待も大きいものですよね! 今日は、つくり手の思いについて感じたことをお話したいと思います。 4月1日に放送が終了した連続テレビ小説(べっぴんさん)を観ていました。良質な素材としっかりした縫製で仕上げる『あかちゃん、子どもへの愛情』でつくられたベビー・子供服メーカーの創業者の一人がモデルでした。 肌着の縫い目は内側ではなく外側にするのは、あかちゃんの柔らかい肌を刺激しないようにするためであったり、縮まない生地に気を配り、予め生地を元の状態に戻して裁断・縫製の工程を設けていたとかetc。 業種は違いますが、弊社も住宅建築で、家族の健やかに住みやすい家のつくり手として『こだわり』をもって取り組んでいるという、ものづくりの共通点を感じました。自然素材を使い、自然と
こんな暮らし方、いいと思いませんか?
2017年4月10日
こんな暮らし方、いいと思いませんか?
春ですねぇ~。こんにちは営業部の町田です。 本格的に暖かくなって参りました。厳しい寒さを乗り越えたおかげで一段と暖かさのありがたみを感じます。 四季のある日本の暮らしは良いですね。 今日も昼メシを食べに行ったとき、サクラがきれいで思わず 写真を撮りました。 岩瀬の駅前通りのサクラです。満開ちょい手前かな。いやぁ~きれいだね。 サクラと言えば不思議とカタカナ表記がしっくりきます。 「桜・・・さくら・・・サクラ・・・sakura」やっぱりそうだ、私だけ?なぜ? う~ん、縦書きだとひらがな表記が良いような...。縦書きだと花びらが散るさまを彷彿させる気がするし...。 などと、たわいもないことを考えていると昼休みも、アッ!という間です。 さぁ仕事です。週末はお客様と、お打合せの予定です。 「四季を感じつつ・・・自然と穏やかに向き合う暮らし」そんな暮らし方を、ご提案したいものです。 気持ちの良い季
桧のフロアー張りました。
2017年4月 3日
桧のフロアー張りました。
営業部の川那子です。自宅の新築工事を行っていますが、おかげさまで、順調に進んでおります。 先週は桧材27mmのフロアーを張りました。 当社自慢の桧のフロアーは厚みがあり、とてもやさしい肌触りです。 フロアーを張った後は、塗装するまでしっかり養生されます。 今日は大工さんが作業場で加工しているという事なので、ちょっと様子を見てきました。 以前ブログでご紹介しました解体前に式台に使っていたケヤキ材です。このケヤキはカウンターとして利用する事にしました。大工さんがきれいに手カンナで仕上げてくれていました。塗装すると抜群の雰囲気になるのではと、わくわくしています。 これは何でしょう?柄にもなくアールの下がり壁を設置しました。当社は下地もすべて無垢材を使います。 6月には完成見学会を予定しています。建築途中もご興味あれば、随時ご案内致します。是非お声かけて下さい!
省エネ評価頂きましたが.....
2017年4月 1日
省エネ評価頂きましたが.....
 工事部 村田です。 前回ブログで省エネ評価の申請に取り組んでいて、    「 結果が出たら御報告しますね。 」と書いた通り、ベターリビングさんから評価書頂きましたので簡単にご紹介致します。  右が評価申請書のファイルで、左が評価書です。 まず、お待ちかねの結果ですが、評価書中央右側のBELS文字の下の☆がそれです。 チョット見えづらいんですが、☆2つ有るのが見えますか?今回お願いした建物の省エネ評価は☆2つと言う結果に成ってしまいました。5段階の内の下から2番目の評価だと省エネ性が悪いんじゃないのと思われるかもしれませんが、そんな事無いんですよ!!今回、評価を頂いた建物の省エネ性を数値で表すと平成28年の省エネ基準を5%上回っています。省エネ基準を5%上回った性能はゼロエネ住宅ほどの省エネ性では有りませんが、そこそこお財布に優しい家だと呼んでも間違いでは無いと思います。  こちらはファイ
収納を考える前にする事は・・・?
2017年3月28日
収納を考える前にする事は・・・?
こんにちわ($´∀'p)♪。・*。・+設計部コーディネーターの酒寄です。もうすぐ4月だというのに、まだまだ寒い日が続いております。体調管理には十分に気を付けたいですね(*^_^*)さてさて!!今回は少し住まいのお話をさせて頂こうかと思います。いきなりですが、皆様。"収納"についてどのようなイメージをお持ちでしょうか・・・?私は、"とても奥が深いテーマ"だと思っております。例えば。お家にある物たちを見渡しても、サイズも違えば、用途も違う物がたくさんありますよね。服にしても、自分の服、ご主人の服、子供たちの服。スーツもあれば、ジャージもあるし、お出かけ着があって、普段着もある。そして、それが季節ごとにあって・・・・・・。 う・・・・・・。考えただけでもめまいが・・・・。そしてホームセンターに行って、収納家具や収納グッツを買ってみたりするものの、なかなかしっくりこなか
住み心地抜群の自然素材の家 八千代町
2017年3月27日
住み心地抜群の自然素材の家 八千代町
営業部の川那子です。昨日今日とは3月の下旬というのに、寒くてブルブルしてました。この季節暖かい日が増えてくるので、急な寒さはホントきついです。皆さんもお身体気を付けください。 さて、先週は久しぶりに県西地区で見学会を開催しました。広々と開放的で、住み心地抜群なお宅です。 自然豊かな環境にとても合う、スッキリと落ち着いた外観です。手前のスペースには自転車がゆったりと駐車出来ます。 玄関内部もゆったりと広く、杉の格子戸や桧板の開き戸がアクセントになっています。 ダイニングから撮影しました。桧の6寸柱やリビングの梁がアクセントになっていて、とても美しいですね。和室への広がりもあり、ゆったりとくつろげそうですね。 北側から撮影しました。夏場にはリビングから気持ち良く風が流れそうですね。 我々が重視する広がりの間取りは、風の流れを考えています。自然の明るさや風通しがポイントです。自然素材の空気感と明
桜川市 迫力ある無垢の構造体
2017年3月25日
桜川市 迫力ある無垢の構造体
工事部の稲見です。今回は桜川市で施工中の現場をご案内いたします。 迫力ある梁材の地松(アカマツ)ですねー!※弊社では国産材をすべての材料しております。強度があって粘り強く、密度が高いのが最大の特徴です。一般的に強度がある材料ほど収縮が大きく、ねじれやすいですが強度があるからこそ2階の重みや屋根材を支える大事な部材です。 こちらも地松です。登り梁として使用しております。仕上がりには迫力ある勾配天井になりますね! 勾配天井で仕上げるところには金物の火打ち梁をつけるのは見栄えが良くありません。かといって、つけないのも揺れに対する力に不安が残るのでしません。では勾配天井に火打ち梁をかっこよくみせるには。。。。。弊社では無垢の火打ち梁を使用します。完成時にはシンプルな空間に無垢材の動きのある印象になります。桁と火打ち梁をボルトできちんと固定されているのですが、皆さんお気づきでしょうか??実は大工さん
四季の景観を楽しむ平屋 常陸大宮市
2017年3月21日
四季の景観を楽しむ平屋 常陸大宮市
今日は少し肌寒い気候でしたが、いよいよ春めいて来ました。毎年この季節が待ち遠し・・・・・かったはずなのに、今年はちょっと違いました。な、な、なんと花粉症デビューしてしまいました。小さい頃は針葉樹や広葉樹の森を駆け巡っていた世代なので、花粉なんかに負けない耐性のある身体だと思っていたのに。本当にガッカリです。めげずに負けずに今日も一日がんばりましょう。という事で先日完成した平屋の住まいを紹介です。自然豊かな環境に馴染んだ落ち着いた外観。南側の葺きおろしもきれいです。 自然な景観を堪能できるリビングの大きな窓。四季の移ろいを感じることが出来ます。今から新緑の季節や紅葉の季節が楽しみです。 桧の床に漆喰の壁、松の梁に勾配天井の板張り。広がりのある気持ちの良い空間。ザ・季づくりの家といったところです。 引戸を上手に使いましょう~♬。リビングともつながりが出来て、とても使いやすそう。やっぱりコーナー
おすすめの間取り 広がりの間取り
2017年3月21日
おすすめの間取り 広がりの間取り
設計部の深谷です。今回は家族の家族のコミニケーションを大切に「広がり間取り」を紹介したいと思います。 1:家族の集まるリビング・ダイニングを中心に各室を接続します。 2:無駄な間仕切りは設けず「引き戸」で開放的空間に広くなる様にします。 3:2階建てでの場合はリビング・ダイニングの上に吹抜けを設け、1階2階の  つながりや風、光の通り道を確保します。 4:階段は家族の顔を合わせられるよう、リビング・ダイニングに設けます。 5:2部屋以上の子供室は個室にせず、子供の成長に対応できるよう  家具等で仕切ります。 6:ピアノ室・客間など目的別の部屋は、将来空室となるため設けないようにします。 ご興味がありましたらお気軽にご連絡ください。お待ちしております。
現場パトロール
2017年3月19日
現場パトロール
現場パトロール   月に一回の現場パトロール  当社の監督3名と、協力業者2社の合計5名で  巡回しています。   工事担当の秋葉です。       先ずは、仮設トイレの確認   外部で、尚且つ不特定多数の人が使用するので、要チェック!  場合によって、お施主様または、近所の方が使う場合もあります。  「えっ!きれい」と言われるような清掃を心掛けています。    在る大工さんは、自分の家のトイレだと思ってやれば  当然でしょ!と さすがです・・・ん?家では、奥さんのはずでは!?・・     各現場を観ながら、良い処・悪い処をみんなで確認し、その事を社内・業者会で話し合い   より良い現場 (住宅)を作り上げていき お施主様は勿論のこと、丸和建設に携わった全ての方々が   「良かった!」と言って頂けるようみんなで努力しています。
地域材でつくられる建物を地域工芸品がアクセントに・・。
2017年3月17日
地域材でつくられる建物を地域工芸品がアクセントに・・。
設計部の藤枝です。茨城には沢山の自然豊かな恵みを受けて生産加工された特産品がありまね。自然素材を活かし『ものづくり』をしている弊社では、地域材、材料に『こだわり』を持ち、建築に携わっています。 【石】2月末に現場見学会を開催した真壁や稲田は御影石の産地で、丈夫で美しい石目は迎賓館や日本銀行や東京駅、日本橋などで使用されました。弊社では贅沢にも、土間の三和土部分に施工したことがあります。  そういえば・・ 2月末のブログ担当時に不具合でブログ消えてしまったのが残念   読んでいただいた方、ありがとうございます。他のページに影響が出なくて良かったです  今後、気をつけます! 【木】弊社が住宅建築で施工している構造材の桧は全国有数の産地でもある八溝、日光地域で育てられた年輪幅が狭く目の詰まった良質材です。特有の光沢と芳香で耐久性もあります。(北限の桧と云われています) 気候風土の良さだけではな
漆喰壁にTVを設置しました。
2017年3月15日
漆喰壁にTVを設置しました。
営業部の川那子です。 3月は例年、新年度へ向けてご入学等を迎えられる時期の為、お引渡しが多くなります。 今回は先日お引渡しを済ませたお客様宅へ、大工さんとお伺いし、壁付けTVを設置しましたので、ご紹介させて頂きます。 設置前の状況です。大工さんが石膏ボードを張る前に、現場でTVの設置場所をお打合せしました。コンセントや付属機器を置く棚の場所までご相談し、仕上げてあります。 取付位置を最終確認し、壁掛け金具を設置します。設置完了です。今回はお客様に、上下左右に振れる金具をご準備頂きました。 コンセントも隠れ、スッキリと仕上がりました。 お引渡し後も、インテリアや家電、外構工事など、きれいに仕上がるとますます家は引き立ちます。お客様の暮らしに合わせたご提案が出来るように、日々勉強しなくてはですね。 今週末と来週末は完成見学会があります。再来週には構造見学会も予定しています。皆様といろいろとお話
省エネ住宅とは高断熱・高気密住宅のこと?
2017年3月11日
省エネ住宅とは高断熱・高気密住宅のこと?
 こんにちは。 工事部の村田です。 今日は最近社内で担当して取り組んでいる事を紹介致します。  皆さんは「省エネ住宅」って聞いたら何をもって住宅の省エネ性を判断しますか? この質問に分かり易く答えるのには、建築物省エネ法の基準で評価するのが一番かなと思います。建築物省エネ法って聞いた事が無い方が多いと思いますが、住宅の折込チラシなどでたまーに見る、当社の◯◯シリーズはBELS☆☆☆を取得しましたとか書かれているその事です。別の言い方をすれば   住宅の省エネ性を星の数で表示しましょう。(略称:BELS) と言う事です。 ここで星の数は1つから5つまでの5段階表示です。星が多いほど省エネ性の評価は高くなります。それから星の数が1つだと省エネ性が悪い住宅と思われる方もいると思いますが、けしてそんな事は有りません。平成28年度の省エネ基準を、エネルギー消費量で10%オーバー以内で満たして無ければ
あたたかい二人で住む平屋 大洗町
2017年3月 6日
あたたかい二人で住む平屋 大洗町
快晴の中、3月4(土)・5日(日)大洗町で完成見学会を開催いたしました。今回の建物はコンパクトな平屋の家です。とても素敵に出来上がりました。沢山のお客様にご覧いただき、たくさんお褒めの言葉をいただきました。 「外からは小さく見えたけど、中はこんなに広いんだ~」 「むちゃくちゃ暖かいなぁ~」「空気が澄んでいて木の香りがいいね」 「収納もいっぱいで住みやすそう」などなど。 そんな住まいを楽しく作らさせていただいた建主様とご来場いただいたお客様に感謝です!シンプルな外観でしょ。南側に大きな窓をとりました。おかげでとっても明るいです。 桧の床は一年を通して足触りがいいのです。無垢材っていいな。 高くとった天井には立派な松の梁が、言う事ありません。(リビングを撮影) 無垢のカウンターでお食事を。会話も弾むこと請け合い。(見渡して気持ちいい対面キッチン) 和室とのつながりも大きくとりました。なんと6尺
手作り・オリジナル・一点もの。どこか惹かれませんか?
2017年3月 4日
手作り・オリジナル・一点もの。どこか惹かれませんか?
設計部コーディネート担当の酒寄です(*'v`丱)☆+゜ 本日、少々遅い更新となりましたが、今日は"手作り"について少しお話をしてみたいと思います。 手作り。 と一言で言っても、色々なものがありますよね。 たとえばこちら! ・・・・・料理!!・・・・うん!! これは、皆様にとって身近に感じる料理(肉じゃが)ですね!!(大好きな人も多いのでは・・・!?) お母さんの作るお弁当や、お父さんが作る男飯ももちろん"手作り"になりますね! ああ、ピクニックへ行きたくなります・・・! では、こんなのは?? こちら、弊社の水戸展示場に飾られている「お花」です。 毎回スタッフが、季節の花をグラスに生けてくれています。この時は、ピンクの花でした(≧∀≦)♪きれいでかわいい!! こちらも、スタッフの"手作り"ですね(*'v`丱)☆+゜ お花がある生活は、空間を豊かにしてくれます。 水戸展示場にお越しの際には、是
浴室リフォーム&プラマード 暖かくなりました!
2017年3月 2日
浴室リフォーム&プラマード 暖かくなりました!
工事部の稲見です。鹿沼市のお客様宅で浴室リフォーム工事、プラマード工事、エコキュート交換を行いました。今回はスマートウェルネス住宅等推進モデルの補助金を利用しました。こちらの補助金は「いばらき健康省エネ住宅推進協議会」に登録した工務店のみ利用できる補助金です。補助金を受けるには要件にあてはまらないといけませんが、暮らしやすくなるリフォームで補助金は魅力的ですね!(詳しくはお問い合わせください) 改修前のお写真。 改修後の写真。 浴室を解体してからサッシの交換してユニットバス設置しました。新しいお風呂ってわくわくしますよね!お客様からお風呂が暖かくなり冬も安心ですとお話ししておりました。 窓もプラマードを設置し2重窓になりました。 写真だとわかりにくいですが、内側にもう一枚、窓があります。結露に悩まされていましたが解消されたそうです。 このたびは、浴室のリフォームということでご不便をおかけし
ボルダリングのある家 桜川市
2017年2月27日
ボルダリングのある家 桜川市
子供たちは、間仕切りを無くした子供部屋からリビングへと駆け回り、時にはハシゴをのぼり小屋裏のロフトから2階へと、とにかく家中を走り回ります。それを見守るママと子供たちの笑顔があふれます。自然素材に囲まれて子供たちも一層健やかに育つんだろうなぁ。遊び心がいっぱい!子育てを楽しむ家が完成しました。   すっきりしたシャープな外観ですね。   漆喰の壁にはかわいらしい木製フックを取り付けました。キャップやコート掛けに活躍します。   大容量の手作り玄関収納。これで子供たちの靴もたっぷり収納できます。   漆喰と桧の床材に囲まれて明るく広々としたリビング。天井の梁がアクセント・・・美しい。   よいしょ!よいしょっ!ハシゴをのぼって小屋裏のロフトへ。子供たちの隠れ家です。   ロフトは2階の廊下ともつながっているので階段をおりてリビングへ、またまた子供室から   ロフトへと考えただけでも楽し
大洗町 現場ブログ
2017年2月24日
大洗町 現場ブログ
工事担当の秋葉です。 いよいよ完成間直です。現在は漆喰塗りも完了し建具取り付けや住宅設備機器、照明の取り付けをおこなっております。建具も取付完了!建具ももちろん無垢材です。木製建具は桧板目、襖は昔ながらの和紙を使用しております。 キッチン周りでは、桧の大黒柱を囲むように楽しく食事ができそうですね。造作でつくるブックスタンドや棚も使いやすそう! 外回りも、コンクリートを流し込みを行えば駐車スペースの完成です。 完成した暁には、ぜひご覧になって下さい。
地域材でつくるエアパスの家上棟しました。
2017年2月19日
地域材でつくるエアパスの家上棟しました。
営業部の川那子です。13日の月曜日に自宅が上棟しました。 いつもお客様と家づくりをさせて頂いていますが、自分の家も同じように地域材を使って家を建てられることが、本当にうれしいです。 屋根のエアパス工事の写真を何枚か撮ってきたので、少しご紹介させて頂きます。 エアパスの通気層が出来上がりました。断熱材がきつく敷きこまれ、気密をしっかりとり、空気の流れ道を作る。エアパスの屋根はたくさんの工程があります。 大工さんの真剣な表情、かっこいいですね。何故か自分は屋根のエアパス工事を見るのが、とても好きです。エアパス工事をやっているところに行くと、ついつい見入ってしまいます。 またご紹介させて頂きます。是非建築途中の現場にも、遊びに来てください。
新たな仕様の家が出来ました
2017年2月19日
新たな仕様の家が出来ました
こんにちは。 設計部の深谷です。 「季づくりの家」 ・「四季の家」に続き、 新シリーズ 「陽だまりの家」 がまもなく販売スタートいたします。 自由設計で、1・2階の面積制限や納まりの変更等をする事により、お求めやすい価格に設定する事が出来ました。 尚、「季づくりの家」・「四季の家」の仕様もグレードアップ致しました。 詳しくは、お気軽に担当にお問い合わせください。 時折寒い日がありますが、梅の花が咲いてきました。 春もすぐそこまできていますね。
答えはイベント情報?!
2017年2月18日
答えはイベント情報?!
 工事部 村田です。  前回ブログでこれは何かな?となぞなぞを出しましたが、一足早くイベント情報に載ってしまいましたね。個人的には先に答えが載ってしまって少し残念でした。どんな物かは見学会で良く見て頂くとして、一枚だけ写真をお見せします。 これまた分かり難いですかね。写真は縦に撮りましたが、ブログにアップすると何故か横になってしまいます。画像を回転させてアップしても横になってしまいます。                        困った。(-_-)ブログのシステムが良く分かって無くて申し訳ございませんが、写真の右側が天井側、左側が床側となります。  今日現在はまだ足場が有るので全景写真が撮れませんでした。来週末の完成見学会の時には全景が見れますので、ではぜひ御自分の目と手で実物を確認してみて下さい。  では、皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ちしております。
人とのつながりを大切に
2017年2月11日
人とのつながりを大切に
初めまして(*'v`丱)☆+゜設計部コーディネート担当の酒寄と申します。今回はお仕事とはちょっとだけ違う内容で書かせて頂きました^^入社して一年と少しが経ちましたが、思っていることを一言で言いますと、弊社は "とてもアットホームな会社♪♪" ということです(*´ェ`*)ポッww 実は、メンテ等でお客様宅にお邪魔することがあるのですが、時折お土産を頂きます。 本社の周りはまだまだ田畑が多いので農作物が主ですが、これがとても嬉しい!!(↑里芋の他にごぼうも頂いてます!) すすす、すみません!!夏にはスイカを頂きましたが、とりあえず仮置きで、給湯室にゴロンゴロンしておりますw カラフルなお野菜も美味しそうですね(≧∀≦)♪ ・・・・キャベツがぷりんぷりん!!毎日こんなお野菜が食べたいです(*´ー`*)ウットリにんじんや、かぶに土がついているということは、採れたての証拠ですね! 私が小さい頃は、
常陸大宮市 現場ブログ
2017年2月10日
常陸大宮市 現場ブログ
工事担当の稲見です。よろしくお願いいたします。先日、K様と現場打ち合わせをさせて頂きました。 工事中ではご契約いただいた内容を再度確認します。部屋の大きさ、棚の高さが机の上ではわからない感覚を確かめていただきます。 現場打ち合わせの様子です。完成までご家族皆さん楽しみにされており、ますます引き渡しまで頑張らなくてはと、現場にも熱が入ります。 天井下地(石膏ボード)施工完了です。仕上げ工事ではこの上に紙クロスを施工します。 建具枠も完了です。弊社では建具枠、窓枠も無垢材・杉材を採用しております。お客様が長く住まう家だからこそ使用する木材はすべて国産無垢材で納めております。 3月末のお引き渡しに向けて現場は進みますが、お休みの時はぜひ現場に来てください。K様、今後ともよろしくお願いいたします。
笠間市 こだわり桧がたくさん平屋の家
2017年2月 9日
笠間市 こだわり桧がたくさん平屋の家
完成物件のご紹介をさせて頂きます。 御影石が有名な笠間市でのお住まいです。お施主様は協力会社の丸川木材㈱にお勤めの方で、無垢材の良さを肌で感じるお仕事をされています。「この柱は私が製材したんですよー」と自慢の桧の柱を見させていただきました。 まずは外観からどうぞ。 シンプルな外観から玄関と和室の屋根を深くすることで、高さに変化が生まれ、動きのある素敵な住まいになりました。 子供部屋では不要な間仕切り壁をなくし、お子様の成長などに合わせて間仕切りを兼ねた収納箱も後から設置可能です。可変性のある部屋を有効に使えるようになっています。 和室ではお施主様が選びに選んだ桧の柱と国産のい草を使用した畳が合わさり、お父さまとお母さまが気持ちよく住めるお部屋になりました。 家族団らんの場、LDKのご紹介です。梁には国産の地松、柱と床は無垢の桧材を使用しております。家族が集まるスペースに桧の香りと漆喰仕上げ
炎のゆらめき・・・薪ストーブのある暮らし
2017年2月 6日
炎のゆらめき・・・薪ストーブのある暮らし
営業部の町田です。風は少し冷たかったけど今日は朝から天気も良く、春めいた陽気です。暖かだなぁ。そうは言ったものの、この時期は三寒四温。まだまだ寒い日が続きます。 丸和建設の展示場でも薪ストーブ活躍中です。揺れる炎を見ていると過ぎゆく時間も忘れて、ついついボーっとしてしまいます。いかん、いかん仕事中。ZZZ・・・。そんな不思議な力が炎にはあるのかもしれませんね。そもそも、火そのものを人類が利用するようになってからの生活は、それまでのものとは激変しました。暖かいだけではなく、その明るさは夜間の行動や獣から身を守ることに役立ち、食物を加熱することで多くの栄養を摂取することにも貢献しました。 さらに最初の頃の火は貴重だったこともあり、自然と周りには人々が集まりコミュニケーションの発達をも促進したようです。いづれにしても、火は人類の進化に欠かせないものであったことに間違いありません。 弊
無垢のオリジナル建具&木と住まいの大博覧会
2017年2月 4日
無垢のオリジナル建具&木と住まいの大博覧会
設計部の藤枝と申します。初投稿は仕様打合せに携わっている中でのエピソードと昨日、木と住まいの大博覧会を視察してきましたので、私目線で会場内を少しだけ、ご案内いたします。 キレイですよね~!こちらのステンドグラスはお施主様のお子様が中学在学時の授業で描いたデザイン画をもとにステンドグラス作家の方に制作依頼をされ、間仕切り建具として施工しました。 弊社の建具は無垢の杉や桧を使用したオリジナルデザインで、職人による手作りです。建物のイメージに合わせて、お客様へデザインをご提案したり・・ご要望をいただいたり・・。光が差し込むと色や表情が変わりますね。奥様から「子供には内緒なの」と。ご家族を身近に感じる思いやり、奥様のサプライズ(^◇^) リビングには薪ストーブが設置されています。心が温まるお話です。今後も、お客様の想いをカタチにする、お手伝いを差し上げられたらと思っております。 続いて「木と住まい
木のぬくもり 東京ビックサイト 2/3~
2017年2月 3日
木のぬくもり 東京ビックサイト 2/3~
工事を担当している秋葉と言います。これから、たまにブログを更新しますので、宜しくお願いします。 今日は、明日から開催されるNICEさん主催の耐震博覧会と同時開催されます木と住まいの大博覧会のブース設営に行ってきました。 茨城県のブースを設営中です。 明日3日から5日までの開催ですので、現場は大忙しです。 ブースです。 大忙しで休むまも惜しんで作業しています。 我が社のスタッフが用意した桧の枝です。 異たる所に、敷き詰められています。 こんなに、立派な木もあります。 興味のあるかたは、明日3日~5日までの3日間東京ビックサイトにて催ししていますのでぜひ見学に行かれるといいです。 今回は、こんな形ですが、色々と趣向を変えてブログを更新していきます。
桜川市でエアパス工法の現場が始まりました。
2017年2月 3日
桜川市でエアパス工法の現場が始まりました。
営業の川那子と申します。 私事ですが、早いもので丸和建設に入社し13年が経ちました。以前は畑違いの仕事をしていたので、入社当時は建築の知識など全くありませんでした。最初は不安で、そんな中で続けてこれたのは、会社スタッフと職人さん達に支えられ、何といってもお客様達と、楽しく家づくりさせてもらえたからだと思っています。 エアパスの家も200棟以上自分の目で見てきた中で、自分の家も早く建てたい、ヒノキに囲まれて暮らしたいと思ってきました。そして念願が叶い、いよいよ我が家の工事が始まったので、定期的にお伝えします! 今日撮った写真です。基礎工事中、外の型枠を外したところです。 前の家で玄関の式台で使っていた、けやきの板です。解体の時にもったいないので、きれいに外してもらいました。何かに使えないか思案中です。 来月中旬に上棟予定です!建築途中でもご案内致します。ご興味ある方はいつでもお声かけて下さい
羽釜・ご飯 自然の中で...。
2017年2月 3日
羽釜・ご飯  自然の中で...。
設計担当の深谷と申します。 1月22日のイベント「 枝打ちと陶芸体験 」に、お出しするお昼のごはんを、羽釜で炊く担当です。 このお米は、沢水で育てた貴重でおいしいお米です。 総勢30名分を、一度に炊くのは結構難しいので、数日前に試験的に炊いて見ました結果、若干柔らかでした。 本番では、失敗できないので不安でしたが、まずまずの出来でほっとしました。 次回このような機会があれば、もっと上手に出来る様、勉強しておきます。 その時は、ぜひ食べにきてください。お待ちしております。
桜川市 現場ブログ
2017年2月 3日
桜川市 現場ブログ
はじめまして。工事担当の村田と申します。 今回がスタップブログ初投稿です。これから現場の事、材料の事、現在取り組んでいる事などをぼちぼちご紹介してゆきますので興味が有ったら覗いて下さい。たまに返信など頂けると、とても嬉しいです。 ^_^ 初投稿なので今日は簡単な挨拶で終わりにしようと思いましたが、社内的にもう少しやる気を出せと言われそうなので写真を一枚載せて終わりにします。 写真は新築工事中の子供室の壁に開けた直径12mmの穴です。これ何の穴だと思いますか? ヒントを3つ上げますね。① この穴に10mmのボルトを刺してある物を取り付けます。② 穴は床から天井まで空いてます。③ 穴の間隔は20cm位の間隔で規則正しく空いてます。さて何でしょうか? 難しいですかね。今回初投稿なのでスペシャルヒントを投稿して終わりにします。スペシャルヒントは「腕力の強い健康な子供に育って欲しい」と言う御両親のた
「桧の枝打ちと陶芸体験」イベント開催しました! 
2017年2月 3日
「桧の枝打ちと陶芸体験」イベント開催しました! 
この前の日曜日「桧の枝打ちと陶芸体験」イベントを開催致しました。まずは、ご参加下さったお客様に感謝です。場所はちょうど10年前、お客様と一緒に植林をした桧の山林です。当時は数十センチしかなかった苗木が順調に育っている光景を見ているだけでも感動的でした。さぁ!お客様と一緒に枝打ち体験だ。 そもそも枝打ちは、木々の健全な生長と節の少ない良質な木材を作る為に行うものです。同時に病虫害の予防に役立つうえ、林の中に十分に光が届くようになることで下層植物の生長を促し、山林の保全につながります。そんな理由を聞くと改めてヤル気がでてきます。よーしっ!枝打ち体験だ。 いよいよ枝打ちGO! これが実際やってみると実に楽しい。最初はおっかなびっくりだった、お子様たちも夢中です。さぁ!みんながんばって! 各お客様と子供たちのがんばりで、きれいに枝打ち完了しました。木々の更なる生長が楽しみです。明るい陽射しも、しっ
中庭のある無垢の家 ひたちなか市 
2017年2月 3日
中庭のある無垢の家 ひたちなか市 
お引渡しさせて頂きましたお施主さまのお住まいをご紹介致します。今回は中庭のある和風テイストのお住まいです。 外観では、白の左官くしびき仕上げに、高さの違う切妻屋根で動きのある仕上がりになりました。 内観では、標準仕様の無垢の桧床板や漆喰壁で温もりのある空間になり、また薪ストーブが広々としたリビングのアクセントとなりました。 無垢の杉板でつくる造作の本棚もまた素敵ですね。 園芸が趣味のお施主様。素敵なお庭がまたライトアップされて違った表情になります。 長いお付き合いになりますお施主様。この度は弊社を選んでいただきましてありがとうございました。着工から竣工まで様々なことでお世話になりました。これからも定期点検などでお伺いいたしますので、今後とも末長いお付き合いをどうぞ宜しくお願い致します。
大屋根のある無垢の家  桜川市 
2017年2月 3日
大屋根のある無垢の家  桜川市 
前回に引き続き大屋根の完成物件のご紹介をさせて頂きます。また違う良さのある大屋根のお住まいになりました。場所は弊社の本社モデルハウスもある桜川市です。 内観では、キッチンの天井を漆喰にすることで壁と天井の見切り材がなくなりすっきりとした仕上りになりました。すっきりとした納まりになると桧の床板もより一層、素敵になります 大屋根の勾配を利用し、天井を仕上げる事でリビング~2階のホールのつながりができ、また迫力ある空間になりました。 外観では、四季の家仕様ベースにリビング掃出しに縦格子の造作目隠しがアクセントになりますね。 出会いからお引き渡しまで大変お世話になり、またたくさんの住宅会社から弊社を選んで頂き、ありがとうございました。 これからも定期点検などでお伺いいたしますので、今後とも末長いお付き合いをどうぞ宜しくお願い致します。
薪ストーブのある無垢の家 I様邸 常陸大宮市
2017年2月 3日
薪ストーブのある無垢の家 I様邸 常陸大宮市
完成物件のご紹介をさせて頂きます。 場所は連続テレビ小説ひよっこのロケ地で有名な常陸大宮市です。 まずは外観からご覧ください。建坪は44.3.坪で木造二階建てのお住まい、エアパス効果抜群の迫力ある大屋根です。建て主様のご希望で軒の出を深くし、軒裏は杉の無垢板で仕上げました。 内観では、美しい床の国産檜や天井の杉板が上品な雰囲気を創出しています。 また魅力ある広い土間に薪ストーブが引き立ちます。 土間に大谷石を埋め込んだところが、建て主のこだわりとセンスを感じます。 扉や間仕切り壁を無くすことで、 開放的な大空間が広がるLDKスペースです。 遊び心をくすぐるスキップフロアを子供部屋の隣に設置することで、 1階にいる家族の声がつながる空間になりました。 出会いからお引き渡しまで大変お世話になり、またたくさんの住宅会社から弊社を選んで頂き、ありがとうございました。 これからも定期点検などでお伺い

水戸市・桜川市・つくば市 木造注文住宅の資料請求はお気軽にどうぞ!

パンフレット、資料をご確認頂き、他社様の建てられる注文住宅との比較をされてみてください。

水戸市・桜川市・つくば市 木造注文住宅の資料請求

資料請求はお電話、又は、下記資料請求フォームからお申し込みください。

水戸・桜川・つくばの木造注文住宅資料請求電話番号 0296-76-2771

下記の入力フォームに郵便番号、住所、氏名を入力したうえで送信してください。

郵便、又は、宅配便で発送させて頂きます。

お名前*
郵便番号
住所*
電話番号*
*は必須項目です。

PAGE TOP