無垢フローリングのメンテナンス|木造注文住宅 茨城県水戸市・桜川市・つくば市 丸和建設株式会社

水戸・桜川 丸和建設の家づくりの考え「無垢材と自然素材」健康性と安全性、そして穏やかな質感が心を癒す。高品質の部材。

木造注文住宅 水戸・桜川・つくば「季づくりの家」丸和建設株式会社最新記事

無垢フローリングのメンテナンス
2017年 10月 9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

画像をクリックすると大きな画像をご覧いただけます。戻るときにはブラウザの戻るボタン(←)をお使いください。

弊社で標準施工の無垢フローリングのメンテナンスについてご紹介させて頂きます。

日頃のお手入れに関しては、雑巾を固く絞って水拭きでおこなっていただければOKなんですが、
どうしても汚れはつきものです。
落ちにくい汚れの落とし方と無垢フロアの再塗装(化粧直し)をご説明いたします。

まずはしつこい汚れの落とし方です。
無垢フロア専用のクリーニング洗浄剤をお引き渡し時にお渡ししております。
水と混合し(水1リットルにクリーニング洗浄剤を大さじ2,3杯)、うきんで拭いてください。
殆どの汚れはそれで取ることができます。

表面の汚れであれば消しゴムを使ったり、メラミンスポンジなどを利用することもできます。
※メラミンスポンジでゴシゴシこすると塗装が取れることがあるので注意が必要です

しかし内部までしみ込んでしまった汚れはなかなか落とすことができません。
(醤油やソースなどいつの間にかこぼしてしまったが気が付かないことが多いですよね、、、、)

そんな時はお湯(約60~80度)をその汚れの部分に少量かけてください。又は熱いタオルを染みの表面に置いてください。
その後、表面を乾いたぞ雑巾で拭いてください。
内部に入り込んだ汚れは時間と共に取れにくくなってきますので、気づいたら早急に行うことが重要です。

また既製品のフロアと違い自然の風合いを残しながら再塗装が可能です。
まずは塗装前から↓↓↓P1020658.JPG汚れの詳細↓↓↓

P1020657.JPG薪ストーブを設置しているお住まいだと、どうしても薪の補充で本体の開け閉めをせざるおえません。
このような汚れが目立ってきます。

方法としては、床面汚れ落とし→床表面研磨→自然塗装仕上げの作業工程となります。

汚れを落としながら表面を研磨していきます↓↓↓

P1020656.JPG再塗装の様子↓↓↓

P1020679.JPG再塗装完了↓↓↓

P1020690.JPG汚れが落ちてきれいになり、無垢フロアの美しさが蘇りました。
もし汚れが気になってきたり経年美を新たに楽しみたい方は再塗装のご相談をお待ちしております。

ここまでの説明で無垢フロアのメンテナンスって大変だと思われたかたもいらっしゃるかと思います。
私は逆に簡単に感じました。


合板フローリングのように、色あせることもありませんし、表面が剥がれてくることもありません。
梅雨時期や夏場、床がベタベタすることもありません。

そして5年、10年で張替える必要もない。

日頃のお手入れに関しても頻繁にワックス掛けをする必要もありません。

特別なにかをする必要もないです。

四季折々で気持ちよく過ごせることができ、経年の変化で飴色の仕上がる美しさをぜひ体感してみてください。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

工事部の稲見でした。

【無垢フローリングのメンテナンス】
木造注文住宅 茨城県水戸市・桜川市・つくば市 丸和建設株式会社

インスタグラム
ピンタレスト

水戸市・桜川市・つくば市 木造注文住宅の資料請求はお気軽にどうぞ!

パンフレット、資料をご確認頂き、他社様の建てられる注文住宅との比較をされてみてください。

水戸市・桜川市・つくば市 木造注文住宅の資料請求

資料請求はお電話、又は、下記資料請求フォームからお申し込みください。

水戸・桜川・つくばの木造注文住宅資料請求電話番号 0296-76-2771

下記の入力フォームに郵便番号、住所、氏名を入力したうえで送信してください。

郵便、又は、宅配便で発送させて頂きます。

お名前*
郵便番号
住所*
電話番号*
*は必須項目です。

PAGE TOP